建築士のメモ帳.com

建築士の業務の中で、ついど忘れしまいそうなプチ情報を紹介しています。少しでも建築士の皆様の力になればと思いサイトを立ち上げました。知識の格差を無くし、設計技術がさらに向上している将来を夢見ています。

意匠設計必見! 単位床面積あたりの冷暖房負荷の概算値  空調設備 

こんにちは「まるたか」です。 

 

↓↓「まるたか」についてはこちらをご覧下さい。↓↓

このブログについて 建築士の挑戦 - 建築士 まるたかのブログ .com

 

 

今回は前回途中で終わってしまった、

空調設備の「単位床面積あたりの冷暖房負荷」の続きを書きたいと思います。

 

 

計画時に空調機能力の規模が把握できていると、

室外機のスペースが推定できるので設計がぐーんと楽になりますし後の計画がスムーズに進められますので是非参考にしてみて下さい。

 

 

↓過去の記事(空調室内機の種類、部屋の用途例を記載しているので是非ご覧下さい。) 

www.arch-memo.com

www.arch-memo.com

 

 

 

 

部屋の面積から空調負荷の目安を設定する

部屋の面積と用途から、大まかな空調負荷を計算し必要な空調機のあたりをつけます。

部屋の用途別空調負荷の目安(HASS109改訂案より引用)

事務所

事務室 最上階:(冷房)140〜170 kcal/m2・h  

          (暖房) 140 kcal/m2・h

事務室 中間階:(冷房)110〜150 kcal/m2・h   

        (暖房) 140 kcal/m2・h

会議室 最上階:(冷房) 240 kcal/m2・h  

        (暖房) 240 kcal/m2・h

会議室 中間階:(冷房) 220 kcal/m2・h  

        (暖房) 210 kcal/m2・h

応接室 最上階:(冷房) 170kcal/m2・h  

        (暖房) 180 kcal/m2・h

応接室 中間階:(冷房) 150 kcal/m2・h  

        (暖房) 160 kcal/m2・h

銀行

営業室 客溜:(冷房) 220 kcal/m2・h  

       (暖房) 210 kcal/m2・h

応接室:(冷房) 180 kcal/m2・h  

       (暖房) 150 kcal/m2・h

女子ロッカー室:(冷房) 160 kcal/m2・h  

           (暖房) 140 kcal/m2・h

デパート

1階売り場:(冷房) 350 kcal/m2・h  

      (暖房) 210 kcal/m2・h

売り場:(冷房) 210 kcal/m2・h  

    (暖房) 120 kcal/m2・h

特売場:(冷房) 310 kcal/m2・h  

    (暖房) 170 kcal/m2・h

スーパーマーケット

食料品:(冷房) 230 kcal/m2・h  

       (暖房) 200 kcal/m2・h

衣料品:(冷房) 220 kcal/m2・h  

       (暖房) 170 kcal/m2・h

ホテル

宴会場:(冷房) 420 kcal/m2・h  

       (暖房) 330 kcal/m2・h

客 室:(冷房) 140 kcal/m2・h  

       (暖房) 180 kcal/m2・h

レストラン

客室:(冷房) 260 kcal/m2・h  

   (暖房) 230 kcal/m2・h

バー

客室:(冷房) 270 kcal/m2・h  

   (暖房) 200 kcal/m2・h

公民館

研修室:(冷房) 230 kcal/m2・h  

    (暖房) 240 kcal/m2・h

図書館

閲覧室:(冷房) 140 kcal/m2・h  

    (暖房) 130 kcal/m2・h

病院

病 室:(冷房) 130 kcal/m2・h  

    (暖房) 160 kcal/m2・h

劇場

客 室:(冷房) 440 kcal/m2・h  

    (暖房) 230 kcal/m2・h

ロビー:(冷房) 210 kcal/m2・h  

    (暖房) 220 kcal/m2・h

 

・これらは概算値になるので、最終的には、設備設計者による詳細負荷計算を実施して容量を決定します。詳細負荷計算と負荷容量が異なることがあります。
・部屋の位置する方角や窓開口率、壁や窓サッシの断熱性能によって影響します。

 

 

空調・衛生技術データブック (第4版)

空調・衛生技術データブック (第4版)

 

  

 

 

計算例 

事務室 中間階で120m2の事務室の概算空調能力を検討

 

上記の表より、目安の負荷量を確認します。

(冷房)110〜150 kcal/m2・h   (暖房) 140 kcal/m2・h

f:id:c6amndbgr3:20180220234624j:plain

 

上の写真のように、概算負荷能力から空調機を選定します。

事務所なので、天井カセット型(4方向)としました。 

  

 

 

 

 

 

↓↓ 【ポイント】室用途別 室内機の選び方

新建築士必見!! 空調設備のプランニング法 【計画時のポイント】 - 建築士のメモ帳.com

 

 

 

 

空調機のカタログに、機器の能力が記載されているので確認してみて下さい。

 

 

最近は、窓や建物の断熱性能が上がっているので概算で求めた能力よりも、

詳細設計で求めた値の方が小さくなるケースが多いです。

 

 

是非参考にしてみて下さい!!

 

 

時間を確保しながら設備設計を習得する方法

いつもどのように設備設計に取り組んでいますか?

時間は確保できていますか?

 

仕事のスキルアップや、プライベートを充実させるためには

自分の時間を確保しなければなりません。  

 

「自分の勉強のため!」

「プライベートも充実させたい!」

と思いながらも、

実は人のための時間を使うしかない状況に陥っている方は少なく無いと思います。

 

 

建築士の仕事は、膨大な仕事をこなしています。

覚えなければならないことがたくさんあります。

 

 

法令のこと、納まりのこと、設備のこと、資格取得のこと などなど

幅広くて多くのことを覚えなければなりません。

 

しかしながら時間は限られています。

 

時間を確保するためには、何かを諦めなければなりません。

時間を確保する為の工夫をしなければなりません。

 

私が実践している「自分の時間を確保する方法」は単純な方法です。

 

設備設計において信頼できる本を1冊所有するのみです。

 

覚えることは、

「この設備に関することは、ここら辺に書いてあったな〜。」

「配管径の算出は、このページの数式を使うんだったな〜。」  

 

これだけです!

 

私の信頼している書籍

「建築設備設計基準」  

建築設備設計基準 平成27年版

建築設備設計基準 平成27年版

 

 

この本は、官庁施設に必要な品質・性能を確保するために、

建築設備の実施設計に関する手法を定めた実施設計の際に

参考となる計算式やデータ等をまとめられています。

 

f:id:c6amndbgr3:20180611220932j:plain

f:id:c6amndbgr3:20180611220835j:plain

「建築設備設計技術の資料」(平成27年3月31日 国土交通省国営設第158号)も合わせて掲載されています。

 

他の設備設計関係の書籍と比べて、

「情報量が多い点」

「必要なポイントがまとまって掲載されている」

 

が大きな特徴です。

 

掲載されているデータは、公共工事から民間工事まで対応しています。

 

設備設計の方々には、「茶本」として広く知られていますし、

だいたいの方が使っている本なのですが、

意匠設計者では、意外と知っている方が少ない書籍です。

 

 

私もこれまで2冊所有しています。

(平成21年版・平成27年版)

f:id:c6amndbgr3:20180611221015j:plain

掲載されるデータや内容が変わるので、

必ず最新版を所有するようにしています。

 

 

大変重宝していまして、何度も現場で助けられました。

 

 

20,000万円近い大変高価な書籍ですが、

この本のおかげで削減できた時間と比較すれば全然お得です。

一生の相棒です。

 

私はこの本のおかげで、

建築の設計に集中できています。

 

 

覚えることは、

「この設備の情報は、このページに書いてある。」

これだけです。

 

 

この本を手に入れた方が、

少しでも皆様が自分の時間を確保できるようになれたら嬉しいです。

 

建築設備設計基準 平成27年版

建築設備設計基準 平成27年版

 

 

 

 

★☆☆

最後まで閲覧頂きまして、

ありがとうございました。m(_ _)m 

 

この記事を書いた人

 

「まるたか」についてはこちらをご覧下さい。

このブログについて 建築士の挑戦 - 建築士 まるたかのブログ .com

 

 

 

若手設計者必携! この本があれば、設備はOK! 自分のための時間を確保する方法 - 建築士のメモ帳.com

 

計画時のポイントシリーズ

意匠(計画時のポイント)  - 建築士のメモ帳.com

構造 (計画時のポイント) - 建築士のメモ帳.com

電気設備 (計画時のポイント) - 建築士のメモ帳.com

機械設備 (計画時のポイント) - 建築士のメモ帳.com

 

 

↓ (空調室内機の種類、部屋の用途例を記載しているので是非ご覧下さい。) 

www.arch-memo.com

www.arch-memo.com

 

【オススメ】建物の断熱についての記事はこちらです。

住宅の性能を高めるには重要なポイントが「気流止め」です。

空調や断熱がしっかり計画できても、「気流止め」が無いと、性能が著しく落ちます。

このキーワードを知らない設計者もいるようですよ。

www.arch-memo.com

 

↓ 衛生設備に関するのポイントについての記事はこちらでかいています。

www.arch-memo.com

www.arch-memo.com