建築士のメモ帳.com

建築士の業務の中で、ついど忘れしまいそうなプチ情報を紹介しています。少しでも建築士の皆様の力になればと思いサイトを立ち上げました。日々更新中です。欲しい情報があれば掲載しますのでコメント下さい。 建築士の方以外にも、これから家を建てる方にもオススメです。

空調設備 単位床面積あたりの冷暖房負荷の概算値

 

今回は前回途中で終わってしまった、空調設備の「単位床面積あたりの冷暖房負荷」の続きを書きたいと思います。

 

計画時に空調機能力の規模がわかっていると、室外機のスペースが推定できるので設計がぐーんと楽になりますし後の計画がスムーズに進められますので是非参考にしてみて下さい。

 

↓過去の記事(空調室内機の種類、部屋の用途例を記載しているので読んでみて下さい。) 

www.arch-memo.com

www.arch-memo.com

 

部屋の面積から空調負荷の目安を設定する

部屋の面積と用途から、大まかな空調負荷を計算し必要な空調機のあたりをつけます。

部屋の用途別空調負荷の目安(HASS109改訂案より引用)

事務所

事務室 最上階:(冷房)140〜170 kcal/m2・h  

          (暖房) 140 kcal/m2・h

事務室 中間階:(冷房)110〜150 kcal/m2・h   

        (暖房) 140 kcal/m2・h

会議室 最上階:(冷房) 240 kcal/m2・h  

        (暖房) 240 kcal/m2・h

会議室 中間階:(冷房) 220 kcal/m2・h  

        (暖房) 210 kcal/m2・h

応接室 最上階:(冷房) 170kcal/m2・h  

        (暖房) 180 kcal/m2・h

応接室 中間階:(冷房) 150 kcal/m2・h  

        (暖房) 160 kcal/m2・h

銀行

営業室 客溜:(冷房) 220 kcal/m2・h  

       (暖房) 210 kcal/m2・h

応接室:(冷房) 180 kcal/m2・h  

       (暖房) 150 kcal/m2・h

女子ロッカー室:(冷房) 160 kcal/m2・h  

           (暖房) 140 kcal/m2・h

デパート

1階売り場:(冷房) 350 kcal/m2・h  

      (暖房) 210 kcal/m2・h

売り場:(冷房) 210 kcal/m2・h  

    (暖房) 120 kcal/m2・h

特売場:(冷房) 310 kcal/m2・h  

    (暖房) 170 kcal/m2・h

スーパーマーケット

食料品:(冷房) 230 kcal/m2・h  

       (暖房) 200 kcal/m2・h

衣料品:(冷房) 220 kcal/m2・h  

       (暖房) 170 kcal/m2・h

ホテル

宴会場:(冷房) 420 kcal/m2・h  

       (暖房) 330 kcal/m2・h

客 室:(冷房) 140 kcal/m2・h  

       (暖房) 180 kcal/m2・h

レストラン

客室:(冷房) 260 kcal/m2・h  

   (暖房) 230 kcal/m2・h

バー

客室:(冷房) 270 kcal/m2・h  

   (暖房) 200 kcal/m2・h

公民館

研修室:(冷房) 230 kcal/m2・h  

    (暖房) 240 kcal/m2・h

図書館

閲覧室:(冷房) 140 kcal/m2・h  

    (暖房) 130 kcal/m2・h

病院

病 室:(冷房) 130 kcal/m2・h  

    (暖房) 160 kcal/m2・h

劇場

客 室:(冷房) 440 kcal/m2・h  

    (暖房) 230 kcal/m2・h

ロビー:(冷房) 210 kcal/m2・h  

    (暖房) 220 kcal/m2・h

  • これらは概算値になるので、最終的には、設備設計者による詳細負荷計算を実施して容量を決定します。詳細負荷計算と負荷容量が異なることがあります。
  • 部屋の位置する方角や窓開口率、壁や窓サッシの断熱性能によって影響します。

 

計算例 

事務室 中間階で120m2の事務室の概算空調能力を検討

上記の表より(冷房)110〜150 kcal/m2・h   (暖房) 140 kcal/m2・h

f:id:c6amndbgr3:20180220234624j:plain

上の写真のように、概算負荷能力から空調機を選定します。

事務所なので、天井カセット型(4方向)としました。

 

空調機のカタログに、機器の能力が記載されているので確認してみて下さい。

 

最近は、窓や建物の断熱性能が上がっているので概算で求めた能力よりも、

詳細設計で求めた値の方が小さくなるケースが多いです。

 

是非参考にしてみて下さい!!

 

私がいつも実務で参考にさせて頂いている書籍はこちらです。

建築設備設計基準 平成27年版

建築設備設計基準 平成27年版

 
内線規程 (東京電力) 第13版: JEAC 8001-2016

内線規程 (東京電力) 第13版: JEAC 8001-2016

  • 作者: 一般社団法人日本電気協会需要設備専門部会,一般社団法人日本電気協会
  • 出版社/メーカー: 日本電気協会
  • 発売日: 2016/10/28
  • メディア: 単行本
  • この商品を含むブログを見る
 

 

 高価な図書ですが、購入して損はしなかったと感じています。

配管算定の計算式はとても参考になりました。

周りの設備設計の方は必ず持っていました。

設備に携わる方は、持っていても良いかもしれません。

 

他の建築設備についてはこちらの記事です。

↓ 過去の記事

 (空調室内機の種類、部屋の用途例を記載しているので是非ご覧下さい。) 

www.arch-memo.com

www.arch-memo.com

↓ 衛生設備に関するのポイントについての記事はこちらでかいています。

www.arch-memo.com

www.arch-memo.com

↓ 建物の断熱についての記事はこちらです。

www.arch-memo.com

↓ こちらのサイトも運営しています。よかったらご覧下さい。

www.arch-joho.com