建築士のメモ帳.com

建築士の業務の中で、ついど忘れしまいそうなプチ情報を紹介しています。少しでも建築士の皆様の力になればと思いサイトを立ち上げました。日々更新中です。欲しい情報があれば掲載しますのでコメント下さい。 建築士の方以外にも、これから家を建てる方にもオススメです。

【計画時のポイント】建物の規模による受変電設備必要スペース

今回は、建物規模に応じた受変電設備について書きます。

建物に絶対に必要なものが電気です。

建物の契約電力によって、受電の方法が変わります。

受変電設備の概要と必要なスペースを把握おさえておきましょう。

 

 

受変電設備

電力会社との契約電力が50kW未満の場合は、100Vまたは200Vの低圧で受電するため、照明器具、OA機器、クーラーなどの負荷設備にそのまま電力を供給できます。(戸建て住宅や、小規模の店舗や事務所など)

50kW以上の場合には、高圧で受電するため、受電電圧を負荷設備の電圧に降下させる受変電設備を設ける必要があります

受変電設備の種類はあります。

受変電室

受変電室の機器と、変電用の機器を設置した部屋です。

EPSは、各階500〜1000m2の場合、1箇所(奥行1m*幅2〜3m程度)が必要になります。

借室電気室・集合住宅用変圧器

貸室電気室とは、電力会社が建物内に必要なスペースを無償で借りて、受変電設備を設ける室で、各住戸部分には、借室電気室から低圧に変圧された電源を供給されます。

集合住宅などに必要な施設です。

一般に3LDKで16戸程度以上になると必要になります。

f:id:c6amndbgr3:20180305233612j:plain

借室電気室概要図(例)



キュービクル

受変電用の機器を金属箱内にコンパクトに収めた受変電設備です。屋外または電気室に設置します。省スペース化を図るため、屋上に設けることが多いです。

屋上に設ける場合、構造計算にキュービクル自体の荷重を加算するように注意しましょう。

f:id:c6amndbgr3:20180305233717j:plain

 

キュービクルの大きさの目安は次の通りです。

 

コミュニティーセンター系(2000m2程度)の必要スペースの目安

f:id:c6amndbgr3:20180305233756j:plain

 

事務所・ホテル系(5000m2程度)の必要スペースの目安

 

f:id:c6amndbgr3:20180305233930j:plain

集合住宅系の必要スペースの目安

f:id:c6amndbgr3:20180305233957j:plain

 

私がいつも実務で参考にさせて頂いている書籍はこちらです。

建築設備設計基準 平成27年版

建築設備設計基準 平成27年版

 
内線規程 (東京電力) 第13版: JEAC 8001-2016

内線規程 (東京電力) 第13版: JEAC 8001-2016

  • 作者: 一般社団法人日本電気協会需要設備専門部会,一般社団法人日本電気協会
  • 出版社/メーカー: 日本電気協会
  • 発売日: 2016/10/28
  • メディア: 単行本
  • この商品を含むブログを見る
 

 

 高価な図書ですが、購入して損はしなかったと感じています。

配管算定の計算式はとても参考になりました。

周りの設備設計の方は必ず持っていました。

設備に携わる方は、持っていても良いかもしれません。