建築士のメモ帳.com

建築士の業務の中で、ついど忘れしまいそうなプチ情報を紹介しています。少しでも建築士の皆様の力になればと思いサイトを立ち上げました。日々更新中です。欲しい情報があれば掲載しますのでコメント下さい。 建築士の方以外にも、これから家を建てる方にもオススメです。

計画時のポイント ガス設備

f:id:c6amndbgr3:20180309004110p:plain

Point

・都市ガスは地域ごとに種類が異なる。(必ず確認)

・ガスボンベ等のガス設備と火気との離隔距離に注意

 

 

ガスについて

建物に供給されるガスには、都市ガス液化石油ガス(LPガス)があります。

都市ガスの種類

ガス事業法により、都市ガスの比重・熱量・燃焼速度の違いにより区分されています。

ガス機器は、その機器に適合した種類のガスでないと安定した燃焼ができず危険な事故の元となります。

ガスの種類

  ガスのグループ     ウォッベ数   燃焼速度の範囲

    13A       52.7~57.8     35~47

    12A       49.2~53.8     34~47

     6A       24.5~28.2     34~45

     5C       21.4~24.7     42~68

 L1(6B、6C、7C)   23.7~28.9    42.5~78

 L2(5A、5B、5AN)   19~22.6      29~54

 L3(4A、4B、4C)   16.2~18.6      35~64

 

 ガスの供給方法

都市ガス

都市ガスは、道路に埋設されたガス本管よりガスメーターを経て使用するガス器具へ配管にて供給されます。

都市ガスが供給されているエリアはホームページで簡単に確認できるので、確認して見て下さい。

LPガス

LPガスは、天然ガスを冷却液化させたもので、一般にボンベに詰めて供給されます。貯蔵や取り扱いが容易で、都市ガス供給のない地域で広く使用されています。

(施設の場合、バルクタンクと呼ばれる貯蔵タンクを使用する。)

LPボンベから火気までの離隔距離が、2m以上必要になるので注意です。

また、エアコンの室外機も火気として扱われるので注意が必要です。

地域によって異なる場合があるので関係官庁へ確認が必要です。)

ガス設備の所有区分

都市ガス

都市ガスの場合、所有区分は水道設備とは異なり敷地境界線で区分されます。

ガスメーターはガス会社からの貸与品となります。)

f:id:c6amndbgr3:20180416034651j:plain

LPガス

LPガスの場合、ボンベから調整器を経てマイコンメーターまでの供給管を含む範囲はプロパンガス供給業者側の所有となり、メーター以降の使用する各ガス機器までの機器と配管は消費者側の所有となります。

f:id:c6amndbgr3:20180416035003j:plain

今日のまとめ

・建物に供給されるガスには、「都市ガス」と「LPガス」がある。

・都市ガス供給地域以外では、「LPガス」を使用する。

 必ず計画地の供給状況を確認する。

・ガス設備適したガスを使う必要がある。

・ガス機器から火気の離隔距離が必要。

・「都市ガス」と「LPガス」で所有区分が異なる

 

私がいつも実務で参考にさせて頂いている書籍はこちらです。

建築設備設計基準 平成27年版

建築設備設計基準 平成27年版

 

 

内線規程 (東京電力) 第13版: JEAC 8001-2016

内線規程 (東京電力) 第13版: JEAC 8001-2016

  • 作者: 一般社団法人日本電気協会需要設備専門部会,一般社団法人日本電気協会
  • 出版社/メーカー: 日本電気協会
  • 発売日: 2016/10/28
  • メディア: 単行本
  • この商品を含むブログを見る
 

 

 高価な図書ですが、購入して損はしなかったと感じています。

配管算定の計算式はとても参考になりました。

周りの設備設計の方は必ず持っていました。

設備に携わる方は、持っていても良いかもしれません。