建築士のメモ帳.com

建築士の業務の中で、ついど忘れしまいそうなプチ情報を紹介しています。少しでも建築士の皆様の力になればと思いサイトを立ち上げました。知識の格差を無くし、設計技術がさらに向上している将来を夢見ています。

人間の秘密!! 快適さには理由があった! 【計画時のポイント】

こんにちは「まるたか」です。

 

↓↓「まるたか」についてはこちらをご覧下さい。↓↓

このブログについて 建築士の挑戦 - 建築士 まるたかのブログ .com

 

 

寒暖差が激しい今日このごろですが、

みなさまいかがお過ごしでしょうか?

 

私は少し体調を崩してしまいました!

 

私たちが快適・不快と感じるためには6つの要素があります。

今回はその要素についてかきます。

 

そのポイントを抑えて設計に組み込めば、ワンランク上の設計ができます。

 

注文住宅に求められるポイントで、建物の性能は上位にランキングされていることから一般の方々の意識の高さを感じます。

 

 

 

 快適さを決める6つのこと

快適さを決める要素は次の6つです。

 

温度

気温や室温のこと。

 

湿度

空気中に含まれる水蒸気量のこと。

 多すぎると不快で、カラッとしていると快適です。

 

f:id:c6amndbgr3:20180523000054p:plain

気流

空気の動きや風のことです。

 

気流に関する記事 気流の秘密 風通しの良い家には理由があった -

f:id:c6amndbgr3:20180523000016p:plain

 

放射

電磁波により伝わる熱のことです。

放射は、床や壁、天井などのあらゆる部分から出ています。

 

 

f:id:c6amndbgr3:20180523000220p:plain

f:id:c6amndbgr3:20180523001232p:plain

気温が適温でも、放射温度が高いと「暑い」と感じることがあります。

 

【例1】断熱が薄い屋根の場合、

太陽の熱が天井を温め、その熱が放射で伝わる現象があります。

 

【例2】単板ガラスの西日

私の寝室は、西側に面していて西日が差し込みます。

また、築年数が古いので単板ガラスです。

 

西日と天井へ蓄熱された熱が放射するので、不快極まりない環境です。

 

活動量

体を動かす量によって生じる熱量です。

気温が低くても、ランニングすると身体が暑くなる現象です。 

着衣量

着ている衣服の種類や量のことです。

f:id:c6amndbgr3:20180523000559p:plain

 

体感温度

気温と風速「リンケの体感温度」

風速1m/秒につき体感温度は1℃下がる。

f:id:c6amndbgr3:20180522235237p:plain

気温と湿度「ミスナールの体感温度」

気温10℃以上の場合、湿度が上昇するほど暑く感じる

気温10℃以下の場合、湿度が上昇するほど寒く感じる

 

 

エアコンを付けた方が良いか?窓を開けた方が良いか?

エアコン28℃設定で窓を閉めている(風速0m/s)場合

f:id:c6amndbgr3:20180522235651p:plain

温度28℃ 湿度60% 風速0m/s

体感温度 26.0℃

 

エアコンを止めて、窓を開けた場合

f:id:c6amndbgr3:20180522235906p:plain

温度30℃ 湿度 70% 風速4m/s

体感温度 25.1℃

 

比較の条件の場合、

体感温度はエアコンを止めて通風を促した方が体感温度は低いです。

 

 

これらをうまく組み合わせれば、

エアコンが無くても涼しく快適に過ごせる環境が作れます。

 

最近の住宅は、風通しに配慮した計画が一般的です。

 

 

www.arch-memo.com

 

計画時のポイントシリーズ

意匠 カテゴリーの記事一覧 - 建築士のメモ帳.com

構造 カテゴリーの記事一覧 - 建築士のメモ帳.com

電気設備 カテゴリーの記事一覧 - 建築士のメモ帳.com

機械設備 カテゴリーの記事一覧 - 建築士のメモ帳.com