建築士のメモ帳.com 〜家・建物づくりの教科書〜

建築士の業務の中で、ついど忘れしまいそうなプチ情報を紹介しています。

建築士必見!! 断熱の秘密 熱の侵入路 【計画時のポイント】 

 

建物へ熱が入るときの割合がどの程度かご存知でしょうか?

一番割合が大きいのは、『窓』です。

f:id:c6amndbgr3:20180722230654j:plain

 

夏 温度差により窓から入る熱の割合

f:id:c6amndbgr3:20180523153304p:plain

単板ガラスの場合、窓から内部に侵入する熱量は、40%を占めます。

直射日光による放射の影響まで加えると70%となります。

 

暑さの原因となる熱の大部分は、窓から侵入します。

 

 

冬 温度差により窓から出る熱の割合

f:id:c6amndbgr3:20180523153701p:plain

冬季の場合、

温度差により窓から出る熱の割合は、55%を占めます。

 

つまり、外壁や屋根の断熱性能だけでなく、

窓の性能を上げることが重要です

 

 

あたらしい 家づくりの教科書

あたらしい 家づくりの教科書

  • 作者: 前真之/岩前篤/松尾和也/今泉太爾/森みわ/竹内昌義/伊礼智/水上修一/三浦祐成(共著),伊藤菜衣子(暮らしかた冒険家)
  • 出版社/メーカー: 新建新聞社
  • 発売日: 2016/08/31
  • メディア: 単行本
  • この商品を含むブログを見る
 

 

 

窓の断熱性能を上げる為に

ガラスの性能を上げる

窓の性能を上げるための一つに、ガラスの性能を上げる方法があります。

下に、熱の通過率をかきます。

 

単層ガラス(←私の自宅はこれです。)

(透明ガラス 5mm)

f:id:c6amndbgr3:20180523182825p:plain

熱通過率 6.4 W/m2・K

 

複層ガラス

(透明ガラス 5mm)+ 空気層 + (透明ガラス 5mm)

f:id:c6amndbgr3:20180523183300p:plain

熱通過率 3.5 W/m2・K

Low-Eガラス

(透明ガラス 6mm)+ 空気層 + (低反射ガラス 6mm)

f:id:c6amndbgr3:20180523183850p:plain

熱通過率 2.6 W/m2・K

 

ガラスの性能Low - E ガラスに上げると、単層ガラスの倍以上の断熱性能となります。

 

最近では、Low-Eが通常仕様のハウスメーカーが一般的です。

 

 

図解 エコハウス (エクスナレッジムック)

図解 エコハウス (エクスナレッジムック)

 

 

 

 

遮熱材と断熱材の違い

断熱材と似たような材料に『遮熱材』があります。

 

断熱材は、「熱の通過(伝導・対流)を妨げる」目的の製品です。

 

 

遮熱材は、「熱をカットする」目的の製品です。

遮熱材は、熱を反射させることはできますが、断熱材の代わりには使えないので注意です。

 

熱とは? 

そもそも熱とはなにか??

熱についてかいた記事はこちらです。

www.arch-memo.com

 

 

★☆☆☆彡

最後まで閲覧頂きまして、

ありがとうございました。m(_ _)m 

 

この記事を書いた人

 

「まるたか」についてはこちらをご覧下さい。

このブログについて 建築士の挑戦 - 建築士 まるたかのブログ .com

 

   

【1-4】へ戻る       【1-6】へ進む

 

計画時のポイントシリーズ

意匠 カテゴリーの記事一覧 - 建築士のメモ帳.com

構造 カテゴリーの記事一覧 - 建築士のメモ帳.com

電気設備 カテゴリーの記事一覧 - 建築士のメモ帳.com

機械設備 カテゴリーの記事一覧 - 建築士のメモ帳.com