建築士のメモ帳.com 〜家・建物づくりの教科書〜

建築士の業務の中で、ついど忘れしまいそうなプチ情報を紹介しています。

その計画ちょっとまった! 敷地内道路幅の計画大丈夫!? 

 今回は、敷地の計画のポイントについて書きます。

 

ズバリ、構内道路の道幅です。

 

実際にあった失敗例から注意点を説明していきます。

f:id:c6amndbgr3:20180809163225j:plain

 

【実際にあった失敗例】後輩:おっくんの例

 

おっくん「現場から設計図通りに施工ができなと言われました。」

 

私 「?? 何が原因!?」

 

おっくん「よく分かりません。道路幅は4m取っているので、問題無いと思います。」

 

私 「?? ちょっと図面見せてみて!!」

 

f:id:c6amndbgr3:20180524233359p:plain

計画は、郊外に立つ飲食店です。

搬入車両用の構内道路が問題となっているようです。

 

道幅は4m確保されていますし、転回用のスペースも計画されているようです。

 

私 「車両の大きさは?」

 

おっくん「4tです。車両幅が2.5m位なので、車幅から見ると道幅は十分だと思うのですが・・・。」

 

搬入車両の幅だけを見ると、通路幅は問題なさそうですが、

後輩のおっくんは大切なポイントを忘れていたのです

 

 

それは、車輌の内輪差です。

 

車両の内輪差とは??

内輪差とは、

クルマが曲がる時にカーブの前輪が描く軌道と、後輪が描く軌道の差のことです。

クルマが細い道で左折をする場合に、左側の前輪が無事なのに後輪が縁石に乗り上げたりするのは、この内輪差が原因です。
 


内輪差

f:id:c6amndbgr3:20180524235710p:plain

このように、車輌には内輪差がある為、カーブを曲がる為には

車幅よりも道路幅が必要になります。

 

おっくんの失敗の原因

おっくんの計画 では、車両の内輪差が検討されていなかったのです。

計画の道路幅ではカーブを曲がれなかったのです。

実際に搬入される車両で検討し直したところ、余裕をみて最低5m程度は必要でした

 

搬入用道路 同じ失敗をしない為に

車両の内輪差を検討する方法

それは、車両の軌跡をプロットすることです。

 

f:id:c6amndbgr3:20180525000657p:plain

これは、車両がカーブするときの内輪差を示す旋回軌跡図です

各メーカーで型式ごとにダウンロードできます。

 

車両の旋回軌跡を計画図にプロットすれば、

計画の道路幅に問題がないかが一目瞭然です。

 

軌跡 CADデータの無料ダウンロードサイト

旋回軌跡を一から起こすのは大変!!めんどくさい!!

と思われるあなたには、CAD図のダウンロードをお勧めします。

 

軌跡のCADデータが無料でダウンロードできるサイトもあります。

 

直接データを提供している車両メーカーがありますので、是非問い合わせをしてみて下さい。

 

Point

・車両の旋回軌跡を計画図にプロットして確認する。

・必ず実際に使用する車両を確認する。

 

 

★☆☆☆彡

最後まで閲覧頂きまして、

ありがとうございました。m(_ _)m 

 

この記事を書いた人

 

「まるたか」についてはこちらをご覧下さい。

このブログについて 建築士の挑戦 - 建築士 まるたかのブログ .com

計画時のポイントシリーズ

意匠(計画時のポイント)  - 建築士のメモ帳.com

構造 (計画時のポイント) - 建築士のメモ帳.com

電気設備 (計画時のポイント) - 建築士のメモ帳.com

機械設備 (計画時のポイント) - 建築士のメモ帳.com

若手設計者必携! この本があれば、設備はオッケー! 自分のための時間を確保する方法