建築士のメモ帳.com

建築士の業務の中で、ついど忘れしまいそうなプチ情報を紹介しています。少しでも建築士の皆様の力になればと思いサイトを立ち上げました。知識の格差を無くし、設計技術がさらに向上している将来を夢見ています。

こんな時どうする? 電柱に関する問題の解決法!!

計画地内で、こんな問題抱えていませんか?

「敷地へのアプローチさせたいところに電柱がある。邪魔だな~。」

「2階からの眺望の良い窓の真ん前に電線が! 無いといいのにな~。」

「計画地から直近の電柱まで距離がある。電線届くかな?」

 

全て電柱に関する問題です。

実際に、私も現場で経験したことがあります。

 

 

これらの問題も解決する為には、

管轄の電力会社と協議する必要があります。

 

 

今回は、電柱に関する問題の解決例を紹介していきます。

 

 

ケース1

 「敷地へのアプローチさせたいところに電柱がある。邪魔だな~。」 

f:id:c6amndbgr3:20180704235835p:plain

車の入り口としたいところへ電柱があるケースです。

地中に電線が埋設されている地区以外ではどこでもありえます。

 

対応法

電柱を敷地内の別の場所へ移設することで対応。

 

協議の流れ

1・着工の半年位前に協議を開始(2回程度の打合せ)

2・電力会社にて、設計

3・基礎工事中に電力会社にて電柱を移設

 

 

費用

この時は無料でした。

場合によっては、有料となるケースもあるそうなので事前に確認しましょう。

 

 

ケース2

「2階からの眺望の良い窓の真ん前に電線が! 無いといいのにな~。」

f:id:c6amndbgr3:20180705000931p:plain

マンションの物件で起きた例です。

2階の眺望の良い目の前に電線が走っています。

電柱はいずれも、計画地内に建てられています。

 

対応法

協議を重ねた結果、近隣に移動できる場所が無く現況維持。

いずれ地下に埋設する際に、優先的に工事をする旨説明を受けました。

 

電力会社の方によると、電柱の借地を探すのが一番大変なようです。

なかなか認めて下さる家主さんは少ないようです。

 

プチ情報

電柱が建っている土地は、電力会社へ貸している扱いになります。

土地を貸している方は、若干ですが借地料をもらっています。

 

ケース3

「計画地から直近の電柱まで距離がある。電線届くかな?」

f:id:c6amndbgr3:20180705002309p:plain

これは、計画建物の位置から、電柱が遠いケースです。

これも結構みられるケースです。

 

対応法

f:id:c6amndbgr3:20180705002902p:plain

敷地の際に引き込みポールを設置して、

そこから地中埋設にて建物まで供給。

 

このケースも、事前に電力会社と協議をしました。

     

今後住宅団地や工場等が建つ予定がある場合、

電柱を新たに設置してくれることもあるようです。

電力会社との協議は必須です。

 

 

今回のポイント

1・電柱に関する問題は、管轄の電力会社へ相談する。

2・協議は、電柱に記載されている「電柱番号」を確認してからのぞむ。

3・協議は時間的な余裕をもってのぞむ。(3~6か月を見込む)

 

 

★☆☆

最後まで閲覧頂きまして、

ありがとうございました。m(_ _)m 

 

この記事を書いた人

 

「まるたか」についてはこちらをご覧下さい。

このブログについて 建築士の挑戦 - 建築士 まるたかのブログ .com