建築士のメモ帳.com 〜家・建物づくりの教科書〜

建築士の業務の中で、ついど忘れしまいそうなプチ情報を紹介しています。

収納計画の基礎知識  使いやすい高さと奥行き知ってました?

収納の使いやすい高さと奥行き知ってました?

ものには、収納しやすい寸法があります。

少しの収納の工夫で、格段に暮らし易さが変わります。

 

今回は、収納の寸法を紹介します。

 

簡単にチェックできるので、

設計中の方、これから建物を建てる方は

是非チェックしてみて下さい。

f:id:c6amndbgr3:20180716095808j:plain

 

 

収納に関する需要

施主の収納に関する需要は常に上位

整理整頓された部屋は、

誰ものが憧れます。

 

「収納の多さ・し易さ」は、住宅を求める方の要望事項の上位

必ずランクインしています。

*「耐震性」「省エネ性」「耐久性」が、上位ランキングの常連です。

 

建てた後の不満ランキングでも上位!

そして、建てた後の不満として

「収納が少ない」

ことも上位にランクインしています。

 

人気のハウスメーカーも収納力を重視

人気のあるハウスメーカーを見ると、

必ずと行っていいほど収納について紹介しています。

 

最近の傾向として、

「ウォークインクローゼット」「パントリー」「シューズインクローッゼット」など

標準で付いています。

 

収納する使い易い高さとは??

棚に収納する高さを工夫することで、片付け易さが飛躍的に改善されます。

f:id:c6amndbgr3:20180716101407p:plain

 

⑤ 使用頻度が低く軽いもの

④ ときどき使うもので軽いもの

毎日使うもの

② ときどき使うもので重いもの

① 使用頻度が低く重いもの

ポイントとして、重いものは下へ、軽いものほど上に収納します。

(重いものが上にあると、地震が発生した時に危険です)

 

 

使い易い奥行きとは??

f:id:c6amndbgr3:20180716103142j:plain

収納するもののサイズが、「6つ」に分類できます。

 

1・80〜90cm(押入れ等)

 寝具、座布団など

 

f:id:c6amndbgr3:20180716103158p:plain

 

 

2・50〜75cm(クローゼットなど)

衣類など

f:id:c6amndbgr3:20180716103213j:plain

 

 

3・40〜45cm

食器、調理器具、衣類など

f:id:c6amndbgr3:20180716103515j:plain

 

 

4・30〜35cm

書籍、文具など

 

 

5・20〜25cm

CD、ビデオテープなど

f:id:c6amndbgr3:20180716103644j:plain

 

 

6・15cm

トイレットペーパー、文庫本など

 

さいごに

身の回りの収納家具を測ってみて下さい。

きっと収納する用途に応じて、この寸法になっているはずです。

 

設計をする方、これから建物を建てる方

是非チェックしてみて下さい。

 

もし、収納したいものよりも

「奥行きが浅い」

「奥行きが深い」 場合は、

 

今のうちに見直して下さい。

 

 

★☆☆☆彡

最後まで閲覧頂きまして、

ありがとうございました。m(_ _)m 

 

この記事を書いた人

 

「まるたか」についてはこちらをご覧下さい。

このブログについて 建築士の挑戦 - 建築士 まるたかのブログ .com