建築士のメモ帳.com 〜家・建物づくりの教科書〜

建築士の業務の中で、ついど忘れしまいそうなプチ情報を紹介しています。

こんな間違いしないでね! 換気計画に注意! トイレブースの仕様で変わる換気設備

個室型トイレブースの換気計画に要注意

f:id:c6amndbgr3:20180809130454j:plain

 

【POINT】換気排気口の配置とトイレブースの高さ

意匠設計の方は、設備設計事務所へ外注するケースが多いと思います。

 

個室型のトイレブースとする場合は、換気排気口の配置に注意が必要です。

 Point

トイレブースの高さを確認して、設備設計へ確実に伝えましょう!

 

 

何も伝えられない設備設計は、次のように考えます。

FL+2000程度のブースが一般的な為、

下の図のようなものだろうと予想して設計してしまいます。

f:id:c6amndbgr3:20180216221440j:plain

しかし、個室型のブース(天井までブースが届くもの)の場合、

上部での換気経路が確保できないので、不完全な換気経路となります

 

 

各ブースに排気口を設置することが理想です。

f:id:c6amndbgr3:20180216221548j:plain

 

換気経路が上手くいかないので、

設計中・監理業務中の方は、一度確認してみて下さい。

 

【今日のプチ情報】各室の換気量の目安(建築設備設計基準より)

トイレ・洗面所   5〜15回/h

ロッカー室・更衣室 5回/h

書庫・倉庫・物品室 5回/h

暗室       10回/h

コピー室・印刷室 10回/h

映写室      10回/h

配膳室       8回/h

シャワー室     5回/h

浴室        5回/h

脱衣室       5回/h

食品庫       5回/h

 

 

★☆☆☆彡

最後まで閲覧頂きまして、

ありがとうございました。m(_ _)m 

 

この記事を書いた人

 

「まるたか」についてはこちらをご覧下さい。

このブログについて 建築士の挑戦 - 建築士 まるたかのブログ .com

計画時のポイントシリーズ

「意  匠」へ戻る     「構  造」へ戻る 

「電気設備」へ戻る     「機械設備」へ戻る