建築士のメモ帳.com 〜家・建物づくりの教科書〜

建築士の業務の中で、ついど忘れしまいそうなプチ情報を紹介しています。

【空調設備】冷暖房負荷の求め方! 単位床面積あたりの概算値から設備規模を把握する!   

 

単位床面積あたりの概算値から設備規模を把握する!

今回は前回途中で終わってしまった、

空調設備の「単位床面積あたりの冷暖房負荷」の続きとして

単位床面積あたりの冷暖房負荷(概算値)の求め方」を紹介します。

 

概算値を把握するメリットは、

「空調設備の規模」「電気設備の容量」を推定することができます。

 

基本計画時に設備の規模が推定できると、

「室外機のスペースの検討」

「室内スペース・割付の検討」

「電気設備の容量(キュービクルが必要か否か?)」

などの設備計画を前もって検討することができます。

 

すなわち

「プロジェクトのスムーズな進行」

「設計者自身の時間の確保」

「意匠設計者のレベルアップ」

につながります!

 

このブログで紹介する内容は、慣れてくれば10分くらいでこなすことが可能です。

(ブロジェクトの大きさにもよりますが・・・・)

 

「プロジェクトの進捗が思うようにいかない。」

と悩んでいる方も是非お試しください。

f:id:c6amndbgr3:20181019171542p:plain

 

【手順】部屋の用途から空調負荷の目安を設定する

最初の手順は、部屋の用途から冷房・暖房負荷を選定します。

 

冷房・暖房負荷は、下の表から選びます。

部屋の用途別空調負荷の目安(HASS109改訂案より引用)

事務所

事務室 最上階:(冷房)140〜170 kcal/m2・h  

          (暖房) 140 kcal/m2・h

事務室 中間階:(冷房)110〜150 kcal/m2・h   

        (暖房) 140 kcal/m2・h

会議室 最上階:(冷房) 240 kcal/m2・h  

        (暖房) 240 kcal/m2・h

会議室 中間階:(冷房) 220 kcal/m2・h  

        (暖房) 210 kcal/m2・h

応接室 最上階:(冷房) 170kcal/m2・h  

        (暖房) 180 kcal/m2・h

応接室 中間階:(冷房) 150 kcal/m2・h  

        (暖房) 160 kcal/m2・h

銀行

営業室 客溜:(冷房) 220 kcal/m2・h  

       (暖房) 210 kcal/m2・h

応接室:(冷房) 180 kcal/m2・h  

       (暖房) 150 kcal/m2・h

女子ロッカー室:(冷房) 160 kcal/m2・h  

           (暖房) 140 kcal/m2・h

デパート

1階売り場:(冷房) 350 kcal/m2・h  

      (暖房) 210 kcal/m2・h

売り場:(冷房) 210 kcal/m2・h  

    (暖房) 120 kcal/m2・h

特売場:(冷房) 310 kcal/m2・h  

    (暖房) 170 kcal/m2・h

スーパーマーケット

食料品:(冷房) 230 kcal/m2・h  

       (暖房) 200 kcal/m2・h

衣料品:(冷房) 220 kcal/m2・h  

       (暖房) 170 kcal/m2・h

ホテル

宴会場:(冷房) 420 kcal/m2・h  

       (暖房) 330 kcal/m2・h

客 室:(冷房) 140 kcal/m2・h  

       (暖房) 180 kcal/m2・h

レストラン

客室:(冷房) 260 kcal/m2・h  

   (暖房) 230 kcal/m2・h

バー

客室:(冷房) 270 kcal/m2・h  

   (暖房) 200 kcal/m2・h

公民館

研修室:(冷房) 230 kcal/m2・h  

    (暖房) 240 kcal/m2・h

図書館

閲覧室:(冷房) 140 kcal/m2・h  

    (暖房) 130 kcal/m2・h

病院

病 室:(冷房) 130 kcal/m2・h  

    (暖房) 160 kcal/m2・h

劇場

客 室:(冷房) 440 kcal/m2・h  

    (暖房) 230 kcal/m2・h

ロビー:(冷房) 210 kcal/m2・h  

    (暖房) 220 kcal/m2・h

・これらは概算値になるので、最終的には、設備設計者による詳細負荷計算を実施して容量を決定します。詳細負荷計算と負荷容量が異なることがあります。
・部屋の位置する方角や窓開口率、壁や窓サッシの断熱性能によって影響します。

【手順】部屋面積と負荷の目安から計算する 

【計算例】事務室 中間階で120m2の事務室の概算空調能力を検討

上記の表から、部屋用途に対応した目安の負荷を確認しました。

(冷房)110〜150 kcal/m2・h   (暖房) 140 kcal/m2・h

f:id:c6amndbgr3:20180220234624j:plain

上の写真のように、概算負荷能力から空調機を選定します。

計算式

計算式:部屋面積(m2) × 概算負荷 (kcal/m2・h)

120(m2)× 140(kcal/m2・h) =16,800(kcal/m2・h)

                 ÷ 860  (kw換算の為)

= 19.53(kW)

= 19.53(kW)  ×  1.2  (安全率)

=23.436(kW)

 

よって、23.44(kW)を空調負荷として設定しました。

【手順】空調負荷からエアコンを選定する。

事務所なので、天井カセット型(4方向)を選択しました。 

 ↓↓ 【ポイント】室用途別 室内機の選び方

新建築士必見!! 空調設備のプランニング法 【計画時のポイント】 -

 

続いて、各メーカーの空調機カタログの「機器能力表」を確認し、

負荷に適した型式を選定します。 

f:id:c6amndbgr3:20180808110020p:plain
f:id:c6amndbgr3:20180808110033p:plain
出典:ダイキン工業「店舗・オフィスエアコン スカイエア」カタログより引用

f:id:c6amndbgr3:20180808110036p:plain

P224形(8馬力)を選定できました。

エアコンが選定できたので、

「照明器具などの天井割付」

「室外機の位置」

「PSの位置」 

等を、基本設計時に一緒に検討できます。

 

 

本ブログでは、『設備設計やってみようシリーズ』を立ち上げました。

随時記事を増やしていきますので、お時間があれば合わせてご覧下さい。

f:id:c6amndbgr3:20181017151328p:plain

実施設計やってみようシリーズ カテゴリーの記事一覧 へ

 

さいごに

今回は、空調設備の冷暖房負荷の概算値を求めて、

設備の規模を把握する方法を紹介しました。

 

私自身、計画の初期段階で、

「空調整備の規模」「電気設備の容量」を把握する為に実践しています。

 

注意点として、

概算で求めた能力よりも詳細設計で求めた値の方が小さくなるケースが多いので、

最終的には詳細な負荷計算により空調機選定を実施して下さい。

 

このブログの紹介

f:id:c6amndbgr3:20180920030417p:plain

弊ブログでは、

意匠設計者に向けて、仕事に役立つであろう情報を発信させて頂いております。

 

その記事は、日常業務でみつけた

「この情報がネットにあったら便利だろうな〜。」

「ここを不安に思う設計者多いんだな〜。よしっ それを補助する情報を載せよう」

「仕事を効率よく進めるこんな方法あるよ」

などなど、

自分を含め先輩や後輩などからヒアリングしたポイントを中心に展開しています。

 

お時間があればそちらも合わせてご覧下さい。

 

本ブログでは、設備設計やってみようシリーズを立ち上げました。

随時記事を増やしていきますので、お時間があれば合わせてご覧下さい。

f:id:c6amndbgr3:20181019001837p:plain

実施設計やってみようシリーズ カテゴリーの記事一覧 へ

 

★☆☆☆彡

最後まで閲覧頂きまして、

ありがとうございました。m(_ _)m 

 

この記事を書いた人

 

「まるたか」についてはこちらをご覧下さい。

このブログについて 建築士の挑戦 - 建築士 まるたかのブログ .com

計画時のポイントシリーズ

「意  匠」へ戻る     「構  造」へ戻る 

「電気設備」へ戻る     「機械設備」へ戻る

↓↓住宅のエアコンに関する記事はこちらです。