ARCHITECTURE ARCHIVE 〜建築 知のインフラ〜

建築の「知のインフラ」をコンセプトとした設計業務に関する知識や情報を発信するサイトです。

【サイディングが飽きたあなたへ】こんな外装材はいかが?『カラマツT&Tパネル』

【サイディングが飽きたあなたへ】こんな外装材はいかが?

 

『カラマツT&Tパネル』

 サイディングが飽きてしまった設計者の皆様、こんな外壁材はいかがでしょうか?

カラマツT&Tパネル :林友工業株式会社

f:id:c6amndbgr3:20190501194411j:plain

URL:http://www.karamatsu-tandt-panels.com/index2.html

素材:長野県産信州カラマツ材

色 :標準5色

価格:9,700円/m2

 

 

HPに掲載されている施工例から引用した写真です。

非常に美しい外観です。

f:id:c6amndbgr3:20190501194445j:plain

f:id:c6amndbgr3:20190501194512j:plain

出典:http://www.karamatsu-tandt-panels.com/1_photo1.html

 

住宅だけでなく、商業施設にも使用されています。

 

幼稚園での使用例

下の写真は、茨城県水戸市の物件です。

f:id:c6amndbgr3:20190501194609j:plain



建設地は、京成百貨店の裏手です。

周りの建物に負けないとても存在感のある建物です。

 

学校法人少友学園 少友幼稚園 

設計:横須賀満夫建築設計事務所

f:id:c6amndbgr3:20190501194716j:plain

出典:http://design-yokosuka.co.jp/work/cat3/000314/

 

 

丁度近くの物件に携わっていたこともあり、何度も観察させて頂きました。

かなり風合いが良いですよ!

 

是非お近くの方は、訪れてみると良いと思います。

 

実際に触ってみました!

落葉針葉樹の「カラマツ」から作られた外装材です。非常に美しいです。

 

色も5色あり特色もできるようですよ。

f:id:c6amndbgr3:20190501194848j:plain



最近、木製の外装材が採用されることが増えていますね。

経年劣化を楽しめるのも木製外装材の特徴です。

 

ポイント|反りを解消する工夫

このパネルの最大の特徴は、木表と木裏を交互に使う特殊な加工・施工方法(特許取得済み)により、無垢材特有の反りを解消している点です。

 

無垢材を選ぶ時って、反りが心配なんですよね。

f:id:c6amndbgr3:20190501194906p:plain

f:id:c6amndbgr3:20190501194928j:plain

f:id:c6amndbgr3:20190501194947j:plain

 

脳天にビスを打つのが気になる方もいると思いますが、

実際の建物を見ると、そんなに気になることはありませんでした。

 

ポイント|市街地でも使用できる。

f:id:c6amndbgr3:20190501195103p:plain



不燃認定や防耐火構造(耐火壁防火30分)の工法もあるので、

市街地などでも使用できるエリアが多いのが特徴です。

 

メーカーの方も親切に対応してくれます。

ご興味ある方は、是非資料請求して見てください。

 

 

さいごに

今回は、ちょっと気になる建材として、

林友工業株式会社の『カラマツT&Tパネル』を紹介させて頂きました。

 

是非検討してみてください!

 

↓ 林友工業株式会社のHPはこちらから

信州カラマツでつくる美しい木の外壁|カラマツT&Tパネル

 

 

★☆☆☆☆☆☆☆☆☆彡

最後まで閲覧頂きまして、

ありがとうございました。m(_ _)m 

 

この記事を書いた人 「まるたか」

 

↓「まるたか」について詳しくはこちらをご覧下さい。

このブログについて 建築士の挑戦 - 建築士 まるたかのブログ .com

★「職人」から「建築士」へ 異色の経歴を持つ建築士

2018年10月に設計事務所「 Samurai-architect(サムライ-アーキテクト)」を開設

退職〜開業までの記録を綴った「起業の記録シリーズ」 を公開中。

「まるたかのブログ」にて実務以外の情報を発信中。

 

ブログ記事の更新はsamurai architectの「 Facebookページ」にてお知らせしていますのでフォローをお願いします。

 

計画時のポイントシリーズ

「意  匠」へ戻る     「構  造」へ戻る 

「電気設備」へ戻る     「機械設備」へ戻る