建築士のメモ帳.com 〜家・建物づくりの教科書〜

建築士の業務の中で、ついど忘れしまいそうなプチ情報を紹介しています。

建築士なら知っておきたい! 消費税増税の話  10%になるまであと僅か! 

建築士なら知っておきたい 増税のはなし 

f:id:c6amndbgr3:20180617200434j:plain

 

 

2019年10月1日より、消費税が8%から10%に引き上げられることはご存知だと思います。

 

しかし、意外と知られていないのですが、

住宅を建てる際に、

消費税が8%のままでOKなタイミングと

消費税が10%となってしまうタイミングがあります。

 

今回は、消費税増税による建設費への影響と

意外と知られていないタイミングについてかきます。

 

消費税増税による住宅建設費への影響

 

仮に2000万円の家を契約するとします。

 

消費税8%の場合

2000万円 × 0.08 = 160万円

消費税10%の場合

2000万円 × 0.1 = 200万円

 

 

消費税が8%から10%へ引き上げられることで、40万円の増額となります。

 

住宅ローンを組まれる場合は、その差額40万円の差額に対して

ローンの金利が大きくなります。

 

 

建設費以外への影響

 

家ができたからそのまま住めるようになるわけではありません。

 

建物を建てる時に合わせて、

家電、家具、食器類や引っ越し費用など

建物以外も必要になります。

 

それらにも消費税がかかります。

 

これは、人によって様々なのですが、

概ね数十万の差額が発生します。

 

 

消費税UPのタイミング

 

201910月に消費税が増税されます。

意外と知られていないのですが、

2019331日までに契約を結ぶと

引き渡しが2019年の101日以降でも消費税8%なのです。

 

 

消費税8%となるスケジュール

ケース1

    本契約  2019年 3月31日まで

    引き渡し 2019101日以降でも、 消費税8% 

ケース2

    本契約  2019年4月1日以降

    引き渡し 20199月末まで  消費税8%

 

消費税10%となるスケジュール

ケース3

    本契約  2019年4月1日以降

    引き渡し 201910月1以降  消費税10%となります。

 

家を建てるスケジュールとは

 

建物の構造や

ハウスメーカーや設計事務所の進め方によって多少異なりますが

概ね以下のように進んでいくと思います。

 

 

基本設計  

実施設計 : 6ヶ月

 

金額調整 : 1ヶ月

 

工事   : 5〜6ヶ月

 

 計   : 約12ヶ月

 

 

住宅を建てるためには、概ね1年程度かかります。

 

 

その為、計画的なスケジュールを組み進めていく必要があります。

 

消費税についてトラブルにならないように、計画的に業務を進めましょう!

 

 

★☆☆

最後まで閲覧頂きまして、

ありがとうございました。m(_ _)m 

 

この記事を書いた人

 

「まるたか」についてはこちらをご覧下さい。

このブログについて 建築士の挑戦 - 建築士 まるたかのブログ .com

 

 

www.arch-joho.com

 

消費税増税間近! 駆け込み契約に要注意!! その住宅 本当に契約して大丈夫? - 建築士 まるたかのブログ .com