建築士のメモ帳.com 〜家・建物づくりの教科書〜

建築士の業務の中で、ついど忘れしまいそうなプチ情報を紹介しています。

以外に知られていない事実! 透湿防水シートの使い方に要注意!! あなたの設計は大丈夫??

木造住宅において「透湿防水シート」は、

耐久性を確保する上で「要」といっても過言ではありません。

 

日経ホームビルダー8月号に、「透湿防水シートの危険な設計」として紹介されていました。

最悪、構造材が朽ち果てる原因となってしまうようです。

 

その危険な設計とは、「120mm角の隅柱に105mm角の管柱」とする設計です。

 

一見納りが良い工法に見えますが、大変な危険が潜んでいるようです。

 

このような設計をする方は、少なくないと思います。 

ご覧いただいた方の設計を見直すきっかけになれば嬉しいです。

 

また、今住宅を計画されている建主の方は、

今の設計が問題無いか確認して見て下さい

f:id:c6amndbgr3:20180729235807j:plain

 

危険な設計例 120mm角の隅柱105mm角の管柱

f:id:c6amndbgr3:20180729235822j:plain

危険な設計例は、「120mm角の隅柱」に「105mm角の管柱」とした設計です。

一見納りが良いように見えますが、大変な危険が潜んでいます。

 

この設計で問題になるのは、隅柱の部分です。

 

隅柱が問題となる理由

隅柱の部分は、他の部分と異なり直接外壁材が固定されています。

 

1・通気層内の水分が水蒸気となり、隅柱の部分へ侵入します。

2・隅柱の部分は、他の部分とは異なり乾きにくいです。

3・滞留した水分が、外壁固定用のビス又は釘の穴を通じて、

  柱へと水分が侵入していきます。

 4・その侵入した水分が原因で、柱を腐らせる原因となります。

f:id:c6amndbgr3:20180730000313j:plain

 

下の写真は、実際に隅柱が腐っていた住宅の写真です。

f:id:c6amndbgr3:20180730000552j:plain

出典;日経ホームビルダー2018年8月号 P36より引用

隅柱が腐り、大きく欠損していることがわかります。


どんなに注意深く施工したとしても、

外壁のクラック・シーリングの切れ目から水分が入る可能性は十分考えられます。

 

第二の防水層として、透湿防水シートを適切に計画することは非常に大切です。

 

 

漏水だけでなく構造上の危険も!

f:id:c6amndbgr3:20180730001929j:plain

出典:日経ホームビルダー2018年8月号 P37より引用

ちょうど隅部は、耐力壁としての機能を持たせることが多いです。

 

筋交いを使う場合は、筋交い材自体を腐らせる他、

固定金物を錆びさせる原因ともなります。

 

耐久性や耐震性を損なう危険性があるので、十分注意が必要です。

 

 

また、今住宅を計画されている建主の方は、

今の設計が問題無いか確認して見て下さい

 

【8月2日追記】

↓↓気密シートを確実に施工する外壁工法はこちら↓↓

www.arch-memo.com

  

★☆☆☆彡

最後まで閲覧頂きまして、 

ありがとうございました。m(_ _)m 

  

この記事を書いた人

 

「まるたか」についてはこちらをご覧下さい。

このブログについて 建築士の挑戦 - 建築士 まるたかのブログ .com

 

 

 

【設計編2-10】へ戻る                  【3-2】へ進む  

       メインページTOPへ戻る