ARCHITECTURE ARCHIVE 〜建築 知のインフラ〜

建築の「知のインフラ」をコンセプトとした設計業務に関する知識や情報を発信するサイトです。

【給水設備】凍結防止対策その2「衛生機器編」

【給水設備】凍結防止対策その2

この時期の給水設備の計画時に注意しなければならないこと、

それは「水道の凍結」です。  

 

水道の凍結は、寒冷地、雪国に関わらず、実は関東地方や温暖な地方でも十分起こりうります

 

 

夏場に計画しているとすっかり忘れてしまいがちですが、

建て主の財産を守る上で重要な項目です。

 

今回は、計画時にできる水道凍結対策について紹介させて頂きます。

 

この記事は『第二編』として、衛生器具に関する凍結防止対策を紹介します。

計画中の物件があれば是非見直してみて下さい。

f:id:c6amndbgr3:20190104234117j:plain

 

水道が凍結する原因

水道が凍結シリーズは「その1」で紹介しましたので割愛します。

凍結防止対策「その1」の記事はこちらです。

 

衛生機器に凍結防止対策が必要な理由

衛生機器にも、凍結防止対策は必要です。

何故ならば、トラップの水が凍る可能性があるからです。

トラップに関する記事はこちらです。

 

衛生器具には、悪臭や害虫が室内に入るのを防止する為に「トラップ」が設けられています。

トラップの水が凍ると、「衛生器具を使えない」だけでなく、衛生器具が破損する可能性があります。

 

衛生機器の凍結防止対策

衛生機器を凍結から守るには大きく4つの方法があります。

⑴室内の温度を上げる

⑵水を抜く

⑶ヒーターで凍結を防止する

⑷流動方式(水道のチョロチョロと同じ) 

それぞれ単体では無く、組み合わせて使われるのが一般的です。

 

組み合わせ例は以下の通りです。

f:id:c6amndbgr3:20190104230214p:plain

 

洋便器・小便器選定のポイント

便器選定のポイントについて「TOTO」の分かり易い資料がありましたので

紹介させて頂きます。

f:id:c6amndbgr3:20190104232551p:plain
f:id:c6amndbgr3:20190104232605p:plain
出典:TOTOより

寒冷地向けの機器が豊富なので、是非チェックしてみてください。

TOTOのHP トイレのページへ

寒冷地用機器選定時の注意点! 

1)ヒーター用コンセントを忘れずに!

2)電源容量をチェック!

  1個あたりは小さいですが、数が集まると大きな容量となります。

   容量オーバーが無いよう注意!!

 

さいごに

今回は「凍結防止対策その2」として、

「衛生機器」へ施せる対策を紹介させて頂きました。

 

夏場の計画時では抜けてしまい易いポイントなので、特に注意です。

 

★☆☆☆☆☆☆☆☆☆彡

最後まで閲覧頂きまして、

ありがとうございました。m(_ _)m 

 

この記事を書いた人 「まるたか」

 

↓「まるたか」について詳しくはこちらをご覧下さい。

このブログについて 建築士の挑戦 - 建築士 まるたかのブログ .com

★「職人」から「建築士」へ 異色の経歴を持つ建築士

2018年10月に設計事務所「 Samurai-architect(サムライ-アーキテクト)」を開設

退職〜開業までの記録を綴った「起業の記録シリーズ」 を公開中。

「まるたかのブログ」にて実務以外の情報を発信中。

 

ブログ記事の更新はsamurai architectの「 Facebookページ」にてお知らせしていますのでフォローをお願いします。

 

計画時のポイントシリーズ

「意  匠」へ戻る     「構  造」へ戻る 

「電気設備」へ戻る     「機械設備」へ戻る