ARCHITECTURE ARCHIVE 〜建築 知のインフラ〜

建築の「知のインフラ」をコンセプトとした設計業務に関する知識や情報を発信するサイトです。

【計画の注意点】居室の一部が避難経路を兼ねる場合の取り扱い

 

 

避難経路の注意点

建築基準法令第126条の4において、

採光上無窓の居室から地上に通じる廊下・階段その他の通路には、非常用の照明装置の設置が必要とされています。

 

 POINT

居室の一部が避難経路として利用される場合にも、原則設置が必要となります。

f:id:c6amndbgr3:20190128113359j:plain

 

通常では、ほとんど誤ることはないのですが、

 

1)計画変更する時

2)確認申請が不必要な改修工事の時

の、2つのケースでは特に注意が必要です。

 

 

 

★☆☆☆☆☆☆☆☆☆彡

最後まで閲覧頂きまして、

ありがとうございました。m(_ _)m 

 

この記事を書いた人 「まるたか」

 

↓「まるたか」について詳しくはこちらをご覧下さい。

このブログについて 建築士の挑戦 - 建築士 まるたかのブログ .com

★「職人」から「建築士」へ 異色の経歴を持つ建築士

2018年10月に設計事務所「 Samurai-architect(サムライ-アーキテクト)」を開設

退職〜開業までの記録を綴った「起業の記録シリーズ」 を公開中。

「まるたかのブログ」にて実務以外の情報を発信中。

 

ブログ記事の更新はsamurai architectの「 Facebookページ」にてお知らせしていますのでフォローをお願いします。

 

計画時のポイントシリーズ

「意  匠」へ戻る    「構  造」へ戻る

「電気設備」へ戻る     「機械設備」へ戻る