ARCHITECTURE ARCHIVE 〜建築 知のインフラ〜

建築の「知のインフラ」をコンセプトとした設計業務に関する知識や情報を発信するサイトです。

【断熱仕様別の光熱費比較してみた!】こんなに変わるランニングコスト(光熱費)

 

断熱仕様が良いとランニングコスト(光熱費)が安くなります!! 

なんて話を良く聞きますが、

実際に「どの位安くなる」という文献は多くありません。 

 

断熱の仕様で変わる光熱費

しかし、断熱材の仕様で月々の光熱費が変化するのは紛れもない事実です。

 

建主に、「どのくらい光熱費変わるの??」

なんて聞かれることもあるはずです。

 

そこで今回は、

実際の建物での「光熱費シミュレーション」をしてみようと思います。

 

高断熱住宅を手がける皆様の営業トークに使用して頂けたら嬉しいです。

f:id:c6amndbgr3:20190424115453p:plain

 

断熱使用別光熱費シミュレーション

シミュレーションをする物件は、次の通りです。

 

シミュレーション対象

シミュレーションする物件は、弊事務所が間借りしている戸建て住宅です。

構  造:木造2階建 木造枠組み工法

   築   :約30年 某大手ハウスメーカー

延べ面積:約140㎡

建  設  地:茨城県笠間市

 

 1階平面

 

f:id:c6amndbgr3:20190423093900j:plain

2階平面

f:id:c6amndbgr3:20190423093913j:plain

 

某大手ハウスメーカーで建設され、築30年が経つそうです。

 

間取り・外観共に、この時代に良くみられる住宅です。

f:id:c6amndbgr3:20190423094337j:plain

 

こちらの物件を対象として、

シミュレーション1:現在の断熱仕様

シミュレーション2:現在の一般的な断熱仕様

シミュレーション3:さらに強化した断熱仕様

の3パターンでシミュレーションをしてみたいと思います。

 

シミュレーション「現況の断熱仕様」

現状の断熱仕様は以下の通りです。

【断熱材】

屋根:グラスウール10K(t50mm)

  壁  :グラスウール10K(t50mm)充填断熱

  床  :グラスウール10K(t50mm)

【窓サッシ】

 枠 :アルミ製

ガラス:3mフロート

 【設備の仕様】

冷房:エアコン

暖房:灯油ファンヒーター

換気:第3種

給湯:エコキュート(改修により)

 

この当時は無断熱も多かったそうなので、

断熱材が入っているだけ最先端だったのかもしれません。

 

設備は、「夏はエアコン」「冬はファンヒーター」という

茨城ではオーソドックスな組合せです。

 

シミュレーション結果

下は、現況仕様で解析ソフト「建物燃費ナビ」にかけた結果です。

f:id:c6amndbgr3:20190423100059p:plain

Q値が『4.3』と、現在の一般的な住宅の倍近くの値となりました。

 

特に窓、躯体からの熱の侵入が多いこと、暖房の消費エネルギーが大きいことが解ります。

 

続いて、光熱費をシミュレーションしてみます。

f:id:c6amndbgr3:20190423101554p:plain

光熱費をシミュレーションしてみると、年間54万円かかっていることが解ります。

 なかでも、灯油だけで「約34万円」かかる結果です。

 

ここに注意!

このシミュレーションで注意する点は、

このシミュレーションは、設定した温度を保った場合の光熱費です。

寒くても暖房を付けずに我慢している場合等はシミュレーションできていません。

 

オーナーさんに年間の光熱費を聞いてみると、だいたい40万円位だそうです。

(冬は、暖房費を抑える為に、ダウンジャケットを着込んでいるそうです。) 

 

ここがポイント!|暖房期の熱取得

下は、「冷房負荷」「暖房負荷」と「窓からの日射取得量・熱損失」のグラフです。

f:id:c6amndbgr3:20190424104627p:plain

ここで注目したいのは、「暖房期の窓からの日射取得量です。

 

窓の熱損失は大きい!

南面では、「日射取得量」と「損失量」が同じ

他の面では、「日射取得量」よりも「損失量」が大きいことが解ります。

 

つまり、太陽熱の恩恵を受けていない住宅であるといえます。

 

シミュレーション「今の一般的な断熱仕様」

続いて、

この物件を最近の一般的な住宅断熱仕様に変えてシミュレーションしてみます。

 

変更点は以下の通りです。

断熱仕様の変更点 ※太字

【断熱材】

屋根:グラスウール16K(t100mm)

  壁  :グラスウール16K(t100mm)充填断熱

  床  :グラスウール16K(t100mm)

【窓サッシ】

 枠 :アルミ樹脂複合

ガラス:3/12/3 ペアガラス Low-E

 【設備の仕様】

冷房:エアコン

暖房:灯油ファンヒーター

換気:第3種

給湯:エコキュート(改修により)

 

こちらでシミュレーションしてみます。

f:id:c6amndbgr3:20190424104501p:plain

       【現況】   【改修後】

窓の熱損失 :217 W/K   →   97 W/K

壁の熱損失 :162 W/K   →   94 W/K

屋根の熱損失:  55 W/K   →   29 W/K

 へ向上しているのが解ります。

 

続いて光熱費のシミュレーションをしてみます。

f:id:c6amndbgr3:20190424104539p:plain

【現況】     【改修後】

543,520円 → 344,290円 (-199,230円)

となり、約20万円安くなっていることが解ります。

灯油の消費量も半分程度減りました。

 

10年で200万円

20年で400万円

30年で600万円

の差になりますので、断熱リフォームに効果があることが解ります。

 

f:id:c6amndbgr3:20190424104702j:plain

暖房期の窓からの「日射取得量」と「損失量」ですが、

全面で、「日射取得量」よりも「損失量」が小さくなりました。

 

 

シミュレーション「さらに断熱強化した場合」

さらに断熱仕様を強化した場合のシミュレーションをしてみます。

断熱仕様の変更点

【断熱材】

屋根:高性能グラスウール32K(t200mm)

  壁  :高性能グラスウール32K(t100mm)充填断熱

         +

   外部付加断熱ネオマフォーム(t50)

  床  :ネオマフォーム  (t100mm)

【窓サッシ】

 窓 :樹脂(YKKAP APW430)

 【設備の仕様】

冷房:エアコン

暖房:エアコン

換気:第1種(熱交換型換気扇)

給湯:エコキュート

 断熱仕様の変更に加えて、暖房をエアコンに変えて計算してみます。

 

f:id:c6amndbgr3:20190424104802p:plain

       【現況】   【改修後】

窓の熱損失 :217 W/K   →   68 W/K

壁の熱損失 :162 W/K   →   57 W/K

屋根の熱損失:  55 W/K   →   13 W/K

 へ向上しているのが解ります。

 

f:id:c6amndbgr3:20190424104826p:plain

【現況】     【改修後】

543,520円 → 204,560円 (-338,960円)

となり、約34万円安くなりました。

 

10年で   340万円

20年で   680万円

30年で1,020万円

の差がでることになります。

かなりの金額です。

 

f:id:c6amndbgr3:20190424104852j:plain

つづいて、暖房期の窓からの「日射取得量」と「損失量」をみてみます。

全面で、「日射取得量」よりも「損失量」がさらに小さくなりました。

 

断熱・窓ともにトップクラスの仕様ですので、これ以上の性能向上は難しそうです。

 

これ以上性能を良くしようとすると、プランから見直す必要がありあそうです。

 

 

まとめ

断熱改修(断熱リフォーム)効果があるけど、限界がある!

断熱改修は、光熱費削減に効果があることが分かりました。

 

しかし、一定のレベルで頭打ちになりそうです。

 

窓の仕様・断熱材をトップレベルにしてみたのですが、残念ながらこれ以上の性能の向上は見込めそうにありません。

 

光熱費をさらに安くするには、太陽熱を利用するしかないと判断できます。

 

やはりプランがとても重要であることがわかります。

 

 

新築工事で「耐震性能」「断熱性能」を重視する理由はここ!

断熱性能も、耐震性能と同様にリフォームでは限界があります。

(できないことは無いが、相当お金がかかる)

 

これが、新築工事で「耐震性能」と「断熱性能」を進める理由です。

 

住んでからのコストも踏まえながら計画をすると、

きっと施主に満足してもらえると思います。 

 

是非ご検討下さい!

 

★☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆彡

最後まで閲覧頂きまして、

ありがとうございました。m(_ _)m 

 

この記事を書いた人 「まるたか」

 

↓「まるたか」について詳しくはこちらをご覧下さい。

このブログについて 建築士の挑戦 - 建築士 まるたかのブログ .com

★「職人」から「建築士」へ 異色の経歴を持つ建築士

2018年10月に設計事務所「 Samurai-architect(サムライ-アーキテクト)」を開設

退職〜開業までの記録を綴った「起業の記録シリーズ」 を公開中。

「まるたかのブログ」にて実務以外の情報を発信中。

 

ブログ記事の更新はsamurai architectの「 Facebookページ」にてお知らせしていますのでフォローをお願いします。

 

メインページTOPへ戻る