ARCHITECTURE ARCHIVE 〜建築 知のインフラ〜

建築の「知のインフラ」をコンセプトとした設計業務に関する知識や情報を発信するサイトです。

超簡単!! 真北(しんぽく)の調べ方!

建物を計画する上で重要な条件となるのが、「方位」です。

 

日照や熱負荷を検討するほかに、斜線制限で「方位」は重要な条件となります。

 

そして、慣れない方が間違いやすいポイントが、

「北側斜線」は” 真北 (しんぽく) ”によって求めるという点です。

  

 

私自身、

「磁北で北斜 計算しちゃってやり直し!」

なんて失敗したこともあります。

 

同じ失敗をしないように注意しましょう。 

 

 

真北(しんぽく)って何?

真北とは、北極点を指す方位(地球の自転軸の北端を指す方位)です。

 

方位と聞くと、コンパス(方位磁石)が指す”北”を思い浮かべると思います。

 

Boundless Voyage コンパス アウトドア キャンプ 登山 ハイキング ポータブルな旅行 方位磁石 羅盤 専用袋付

 

この、コンパス(方位磁石)が指す北を「磁北」と呼びます。

 

最近のアウトドアブームもあって、所有している方もだいぶ増えたようです!

(かっこいいのも結構ありますね!)

 

 

「真北」と「磁北」のずれ

「真北(しんぽく)」「磁北」にはズレがあります。(日本列島で約6~9°)

 

 

建物の計画で使うのは「真北」なので注意です。

 

今回は、真北 (しんぽく) を調べる方法を紹介させて頂きます。 

建築士,給料,将来性,一級建築士,税金,税,将来,給料,副業,年収,独立

 

超簡単!! 真北(しんぽく)の調べ方!

真北(しんぽく)を求めるには、「スマホのアプリ」でも可能が、

確認申請に使用する場合は出力に手間がかかる場合があります。

 

今回紹介するのは、建築設計で手間がかからない方法です。

ノートPCならば、こちらの方が断然早いと思います!

 

手順|磁気図を開く

国土交通省から公開されている磁気図を確認します。

 

開くとこんな画面がでます。

建築士,給料,将来性,一級建築士,税金,税,将来,給料,副業,年収,独立,確認申請,建築基準法,真北,磁北,北側斜線

日本列島すべてをカバーしています。

 

無料で利用可能です!

 

URLは、下のページにまとめています。

↓URLはこちらから

www.arch-memo.com

 

 

地図では、真上を真北(しんぽく)表示しているものが殆どです。

 

この”磁気図”も図面の上が「真北(しんぽく)」です。

 

手順|計画地を選択する

続いて、計画地を選択していきます。

 

今回は、弊事務所のある「つくば研究支援センター」を選んでみましょう。

 

建築士,給料,将来性,一級建築士,確認申請,真北,磁北,建築基準法,独立

 

使い勝手は、googleマップ等の地図サービスと同じです。

 

さすが国土地理院といった情報量がハンパなく多い地図です。

 

 

計画地で「右クリック」すれば、中心となります。

 

手順|偏角を表示する

右上の「機能」を開きます。

 

「設定」タブ → 「磁北線」の表示をONにします。

建築士,給料,将来性,一級建築士,真北,建築基準法,確認申請,副業,年収,独立

 

すると、偏角が表示されます。

つくば研究支援センターの偏角は「 7°20’ 」であることがわかりました。

 

このデータを使って建築設計をすればOKです。

 

 

設計図(配置図 等)へ、この角度を記載します。 

 

 

さいごに

今回は、真北(しんぽく)の調べ方として、

国土地理院の「磁気図」の使い方を紹介させて頂きました。

 

 

かなり便利なので、是非使ってみて下さい。

 

 

 

★☆☆☆☆☆☆☆☆☆彡

最後まで閲覧頂きまして、

ありがとうございました。m(_ _)m 

 

この記事を書いた人 「まるたか」

 

↓「まるたか」について詳しくはこちらをご覧下さい。

このブログについて 建築士の挑戦 - 建築士 まるたかのブログ .com

★「職人」から「建築士」へ 異色の経歴を持つ建築士

2018年10月に設計事務所「 Samurai-architect(サムライ-アーキテクト)」を開設

退職〜開業までの記録を綴った「起業の記録シリーズ」 を公開中。

「まるたかのブログ」にて実務以外の情報を発信中。

 

ブログ記事の更新はsamurai architectの「 Facebookページ」にてお知らせしていますのでフォローをお願いします。

 

計画時のポイントシリーズ

「意  匠」へ戻る     「構  造」へ戻る 

「電気設備」へ戻る     「機械設備」へ戻る