ARCHITECTURE ARCHIVE 〜建築 知のインフラ〜

建築の「知のインフラ」をコンセプトとした設計業務に関する知識や情報を発信するサイトです。

『テレワーク』 集中して作業するコツ!

新型コロナの影響で、テレワーク、在宅勤務となっている方も少なくないはずです。

 

私の周りの方からも、初めてのテレワークで

「仕事に集中できない」

「つい他のことに気をとられてしまう」

等の相談を受けることがあります。

 

 

私自身は、事務所を解説してから一人で作業しているので、ずっとテレワーク状態といえます。^^;

  

 

初めて在宅勤務を経験する方よりも、少しだけ先輩かもしれません。

 

 

今回は、テレワーク・在宅勤務でも、集中して作業をする私なりのコツを紹介させて頂きます。

f:id:c6amndbgr3:20200506230517p:plain

 

集中して作業するコツ

集中して作業するコツとは、「集中しすぎない」ということです。

 

何いってんのコイツ???

 という声が聞こえてきそうですが.......

 

 

矛盾しているようですが、集中しすぎないことが効率よく仕事をするコツです。

 

非常に説明が難しいのですが、

「フロー状態」という言葉を聞いたことはありませんか?

 

集中しすぎないことで、「フロー状態」で作業することが可能となります。

(すみません。個人的な感覚で、化学的根拠はありません。)

 

「フロー状態とは?」

フローFlow)とは、人間がそのときしていることに、完全に浸り、精力的に集中している感覚に特徴づけられ、完全にのめり込んでいて、その過程が活発さにおいて成功しているような活動における、精神的な状態をいう。ゾーンピークエクスペリエンス無我の境地、忘我状態とも呼ばれる。心理学者のミハイ・チクセントミハイによって提唱され、その概念は、あらゆる分野に渡って広く論及されている。

 

出典:ウィキペディア  

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%83%AD%E3%83%BC_(%E5%BF%83%E7%90%86%E5%AD%A6)

 

リラックスしている状況とか、意識せずに体が動いているとか、夢中になっている状況であると個人的に認識しています。

 

作業場内で音を出しておくことによって、

仕事をしながらも薄く音が聞こえて、「作業」「音」それぞれに意識が分配されて、集中しすぎない状態となっています。

 

無心の状態となり、肉体的にも精神的にも疲労感がなく作業できている気がします。

 

「作業場内で音を出しておく。」という目的はこれです。

 

 

建築士試験の際も同じようにしていたので、恐らく私には合っている方法だと思います。

 

 

音楽を聞きながら勉強をしたり、スタバ等のカフェで勉強・作業をする方が多いのも、「フロー状態=集中し易い環境」であることが理由であると考えます。

f:id:c6amndbgr3:20200506225344j:plain 

 

または、

運転中とか、入浴中にアイデアが浮かぶ といった状況が近いと思います。

 

 

私の経験上、

ただ音が出ていれば良いと言うものではなく、作業に適した『音』があるようです。

 

続いて、『音』について具体的にお話したいと思います。

 

 

作業に適した音とは?

作業に適した音は、音楽・映画・お笑い系等

広い範囲でいけました。

 

「〇〇やってみた!」系の動画は作業中には適しませんでした(-_-;)

 

 

こればかりは、ひとそれぞれで違うはずなので、実際に体験して頂くことをオススメします。

 

 

つづいて、私が主に使用しているサービスを紹介させて頂きます。

これらのサービスを交互に利用しています。 

 

1|YOUTUBE

定番中の定番ですが、無料で利用できる点がメリットです。

 

これは、説明不要ですね。

 

 

 

2|amazon prime video

youtubeに飽きた時に利用するのが『amazon prime video』です。

 

30日間の無料体験後は、月500円で、映画・ドラマ・アニメが見放題のサービスです。

 

amazonで商品を購入する時にも、送料無料や早い宅配サービスを利用できるというメリットもあるので重宝しています。

 

映画やアニメ系が良い理由は、時間が把握できるところです。

 

 

アニメやドラマであれば30分番組、1時間番組

映画であれば2時間、3時間と時間を把握することができます。

 

ちなみに、最近ハマっているのは「Dr.スランプ アラレちゃん」

第74話 ペンギン村ウォーズパートⅡ

 

懐かしい系にハマってます。

 

 

 

無料体験できるので、実践して頂けると良いと思います。

 

 

 

 

3|Audible

 本を聴くことができるサービス「audible」です。

最近youtube広告で流れている「オーディオブック」ってやつです。

 

名作書やベストセラー、ビジネス本等を、人気俳優・声優やナレータの朗読で聴くことができます。

 

無料体験後は、月1,500円の利用料が必要となります。

 

月額の利用料は高めですが、本からの新しい発見もありますし、

なにより、作業しながら本からの情報も得られるというメリットがあります。

 

私が一番利用しているのはこのサービスです。

 

初めは、

「本を聴くってどんなんだろう??」

と想像しにくいと思いますが、ラジオを聞いている感覚に近いと思います。

 

是非一度、無料体験にてお試し下さい。 

 

 

 

 

 

さいごに

コロナによって、これまでの習慣からの変化を余儀なくされる時代ですが、

逆にこの不遇な時期が、新しいことにチャレンジするチャンスかもしれません。

 

この記事が、

皆様のお仕事の役にたてれば幸いです。

 

 

 

★☆☆☆☆☆☆☆☆☆彡

最後まで閲覧頂きまして、

ありがとうございました。m(_ _)m 

 

この記事を書いた人 「まるたか」

 

↓「まるたか」について詳しくはこちらをご覧下さい。

このブログについて 建築士の挑戦 - 建築士 まるたかのブログ .com

★「職人」から「建築士」へ 異色の経歴を持つ建築士

2018年10月に設計事務所「 samurai-architect(サムライ-アーキテクト)」を開設

退職〜開業までの記録を綴った「起業の記録シリーズ」 を公開中。

「まるたかのブログ」にて実務以外の情報を発信中。

 

ブログ記事の更新はsamurai architectの「 Facebookページ」にてお知らせしていますのでフォローをお願いします。

 

 

計画時のポイントシリーズ