建築士のメモ帳.com 〜家・建物づくりの教科書〜

建築士の業務の中で、ついど忘れしまいそうなプチ情報を紹介しています。

知ってる人しか知らないテクニック! 工事費を抑えて窓の断熱性能を上げる方法!!

住宅の断熱性能を上げる為には「窓」が効果的です。

 

今回は、意外に知られていない

「工事費を抑えて窓の性能を上げるテクニック」を紹介します。

 

工事費を抑えて窓の性能を上げるテクニックとは??

テクニックとは、「断熱ブラインド」を設置する方法です。

 

工事費は、施工会社によって変動があるので一概には言えませんが、

安くなる傾向が高いそうです。

 

この方法であれば、住みながらの工事も可能なので

「断熱改修リフォーム」にも有効です

f:id:c6amndbgr3:20180723001524j:plain

 

窓について

下の図は、

【YKK AP カタログAPW樹脂窓シリーズ「樹脂窓と暮らす編」】から

抜粋したものです。

 

現在は、窓といえどさまざまな種類が発売されています。

窓の枠や、ガラスの構成など豊富な選択肢があります。

(施工会社によって掛け率で金額が変わるので注意しましょう。)

f:id:c6amndbgr3:20180722233205p:plain

出展:カタログ APW樹脂窓シリーズ「樹脂窓とクラス編」より

一般的に、性能が上がるほど窓単体の価格も上がります


断熱ブラインドとは??

断熱ブラインドとは、ブラインドと同じような設置ができます。

操作も簡単です。

ブラインド つっぱり式 小窓用(スリット窓) 断熱スクリーン おしゃれ ホワイト W35×H90cm 1枚

 

ブラインドが空気層となる構造で、ここが断熱性能の要です。

【期間限定特価】ハニカム構造 断熱Airブラインド レッドブラウン右操作 (縦+横)10cm単位オーダーカット販売・プライバシー保護・省エネ対策☆ご指定サイズ加工 最低注文数=10以上

【SM-1サイズ】 ハニカム サーモスクリーン スタンダードタイプ 【採光スクリーン】【断熱レール仕様】 H200?600mm、W200?600mm

 

一般的に使われる「カーテン」や「ブラインド」の

「日射遮蔽」「目隠し」の機能に、

「断熱性能」を付加した商品です。 

 

性能向上の効果

f:id:c6amndbgr3:20180722235642p:plain

出典:P.V.ソーラーハウス協会ホームページ 「ハニカム構造断熱ブラインド」断熱性能/遮熱性能 紹介ページより

詳細なデータは、こちらのサイトに紹介されています。

断熱性能/日射遮蔽性能 | 快適な室内と省エネ生活をご提案。ハニカム構造・断熱ブラインドaSsu・明日

 

断熱性能が向上しているのがわかります。

 

費用も、1棟当たり32万円程度のようです。

(メーカーのモデルプランより)

 

↓↓↓ ハニカム構造・断熱ブラインドのカタログPDFをご覧下さい ↓↓↓

ハニカム構造・断熱ブラインド(ハニカム aSsu)

 

 

さいごに

断熱ブラインドを使えば、

工事費を抑えて窓の断熱性能を上げることができます。

 

・「これから住宅を建てる方」

・「断熱改修をしたい方」

オススメの方法です

 

窓の断熱性能を上げることは、「夏季」「冬季」共に有効です

 

Point

「窓」「断熱ブラインド」共に、

施工会社によって費用が変わりますので、

費用対効果を含めて、信頼できる専門家へご相談することを

オススメします。

 

 

是非、検討して見てくだい!

 

 

★☆☆☆彡

最後まで閲覧頂きまして、

ありがとうございました。m(_ _)m 

  

この記事を書いた人

 

「まるたか」についてはこちらをご覧下さい。

このブログについて 建築士の挑戦 - 建築士 まるたかのブログ .com

 

【3-2】へ戻る      【3-4】へ進む

メインページTOPへ戻る