ARCHITECTURE ARCHIVE 〜建築 知のインフラ〜

建築の「知のインフラ」をコンセプトとした設計業務に関する知識や情報を発信するサイトです。

【鉄骨工事】鉄骨工場の ”グレード” とは !?

【鉄骨工事】鉄骨工場の ”グレード” とは !?

昨今では、鉄骨造(S造)の建物の着工数が伸びています。

 

鉄骨造は、加工性・工期に優れる等がポイントです!

 

 

 

鉄骨工事で非常に重要となるのが「工場(ファブ)」です!

 

 

工場のグレードとは?

鉄骨工場(ファブ)は、国土交通大臣認定工場グレードで分けられています。

 

建物の安全性を担保するためにも非常に重要で、設計図書で必ず指定されます。

 

 

今回は、工場(ファブ)「グレード」についてみていきます。

建築士,給料,将来性,一級建築士,税金,税,鉄骨,鉄骨造,構造,耐震,確認申請

 

鉄骨工場(ファブ)のグレード一覧

建築士,給料,将来性,鉄骨造,鉄骨,構造,確認申請,S造

出典:http://www.tekken-kyo.or.jp/recog.html

 

出典:http://www.kyowa-info.co.jp/steel/

 

グレードの区分は、

Jグレード

Rグレード

Mグレード

Hグレード

Sグレード

の5つに区分されています。

 

グレードごとに、対応できる建物の規模が決められています。 

 

続いて、グレードごとの概要をみていきましょう。

※詳細は、「一般社団法人 鉄骨建設業協会」のホームページや、JASS 6を確認下さい。

 

↓JASS 6 ってこんなのです。↓

建築工事標準仕様書JASS〈6〉鉄骨工事

amazonでも買えます!

 

 

Jグレード

建物規模:3階建て以下

     延べ面積500m2以内

     高さ13m以下 / 軒高15m以下

 

使用鋼材:400N級炭素鋼  板厚16mm以下

 

※ただし、開先加工を施さない通しダイヤフラム、ベースプレート及びノンダイヤフラム形式柱梁接合部の板厚は400N級炭素鋼で75mm以下、SS400で50mm以下、490N級炭素鋼で50mm以下(TMCP鋼を除く)

 

作業条件:原則 下向き姿勢

 

Rグレード

建物規模:5階建て以下

     延べ面積3,000m2以内

     高さ20m以下 

 

使用鋼材:400N・490N級炭素鋼  板厚25mm以下

 

※ただし、開先加工を施さない通しダイヤフラム、ベースプレート及びノンダイヤフラム形式柱梁接合部の板厚は、400N級炭素鋼やTMCP鋼で75mm以下、SS400で50mm以下、490N級炭素鋼で50mm以下(TMCP鋼を除く)

 

作業条件:原則 下向き姿勢

 

 

Mグレード

建物規模:制限無し 

 

使用鋼材:400N・490N級炭素鋼  板厚40mm以下

 

※ただし、開先加工を施さない通しダイヤフラム、ベースプレート及びノンダイヤフラム形式柱梁接合部の板厚は、40mmを超えることができる。

 

作業条件:下向き 及び 横向き姿勢

 

 

Hグレード

建物規模:制限無し 

 

使用鋼材:400N・490N・520N級炭素鋼  板厚60mm以下

 

※ただし、開先加工を施さない通しダイヤフラム、ベースプレート及びノンダイヤフラム形式柱梁接合部の板厚は、60mmを超えることができる。

 

作業条件:下向き 、 横向き 及び 立向姿勢

 

Sグレード

制限無し

 

全ての建築鉄骨溶接構造OK!!

  

 

 

★☆☆☆☆☆☆☆☆☆彡

最後まで閲覧頂きまして、

ありがとうございました。m(_ _)m 

 

この記事を書いた人 「まるたか」

 

↓「まるたか」について詳しくはこちらをご覧下さい。

このブログについて 建築士の挑戦 - 建築士 まるたかのブログ .com

★「職人」から「建築士」へ 異色の経歴を持つ建築士

2018年10月に設計事務所「 samurai-architect(サムライ-アーキテクト)」を開設

退職〜開業までの記録を綴った「起業の記録シリーズ」 を公開中。

「まるたかのブログ」にて実務以外の情報を発信中。

 

ブログ記事の更新はsamurai architectの「 Facebookページ」にてお知らせしていますのでフォローをお願いします。

 

計画時のポイントシリーズ

「意  匠」へ戻る     「構  造」へ戻る 

「電気設備」へ戻る     「機械設備」へ戻る