ARCHITECTURE ARCHIVE 〜建築 知のインフラ〜

建築の「知のインフラ」をコンセプトとした設計業務に関する知識や情報を発信するサイトです。

家づくりをもっと楽しむドア!『クラフトレーベル』はいかが?

 

家づくりをもっと楽しむドア!

『クラフトレーベル』はいかが?

f:id:c6amndbgr3:20190101124024p:plain

 

panasonicから新しいコンセプトの室内ドアが発売されていたのは、ご存知でしょうか?

 

その名も「ベリティス クラフトレーベル」です

f:id:c6amndbgr3:20190101120339j:plain

出典:http://sumai.panasonic.jp/interior/door/series/craftlabel.html?id=painting

クラフトレーベルとは??

クラフトレーベルは、

好きな色を塗る。

自分の好きを飾って部屋づくりを楽しむ。

自由にアレンジ・カスタマイズができる。

をコンセプトに作られたシリーズです。

 

このようなコンセプトの材料は、従来から発売されていましたが、大手メーカーから発売されるのは新鮮ではないでしょうか?

 

ドアカスタマイズがより身近に!

従来、アンテークドアを設置する場合、ドアやドア枠自体の加工が必要だったりと、設置までに手間がかかるのが一般的です。

 

このドアなれば、

アンティークの雰囲気もありながら、新品ならではの精度も確保されているので、気軽に使いやすいと思います。

 

選べるデザイン

採光タイプ

f:id:c6amndbgr3:20190101121111p:plain

パネルタイプ・洗面WCタイプ

f:id:c6amndbgr3:20190101121202p:plain

デザインは、とても豊富です。

 

他のドアと異なるポイントは、カスタマイズ性です。

 

【ポイント1】選べるドアノブ

panasonicの従来選べるドアノブの他に、真鍮色を選ぶことが可能です。

 

ビンテージスタイル、ナチュラルスタイル、サーフスタイルの雰囲気でもぴったりです。

f:id:c6amndbgr3:20190101121619p:plain

アンティークドアに多い、「握り玉型」も選択可能です。

グッと雰囲気が上がります。

 

空き家改修とか、リノベーション物件に使っても、マッチすると思います。

 

【ポイント2】選べるガラスが豊富

f:id:c6amndbgr3:20190101122032j:plain

出典:http://sumai.panasonic.jp/interior/door/series/craftlabel.html?id=painting

ドアのガラスは、室内の雰囲気を上げる大切な要素です。

 

「透明ガラス」「すりガラス」はもちろん、チェッカー柄などちょっと差がつくアイテムを選択可能です。

f:id:c6amndbgr3:20190101121905p:plain

 

さいごに

f:id:c6amndbgr3:20190101123428j:plain

出典:http://sumai.panasonic.jp/interior/door/series/craftlabel.html?id=painting

今回は、「提案すると喜ばれる建材」としてpanasonicの「クラフトレーベル」を紹介させて頂きました。

 

こだわり派のお施主様に喜ばれること間違い無いと思います。

 

是非検討してみてください!

 

↓ PanasonicのHPはこちらから

商品シリーズから探す:ベリティス クラフトレーベル | 室内ドア(内装ドア) | 室内ドア・フローリング・収納 | Panasonic

 

★☆☆☆☆☆☆☆☆☆彡

最後まで閲覧頂きまして、

ありがとうございました。m(_ _)m 

 

この記事を書いた人 「まるたか」

 

↓「まるたか」について詳しくはこちらをご覧下さい。

このブログについて 建築士の挑戦 - 建築士 まるたかのブログ .com

★「職人」から「建築士」へ 異色の経歴を持つ建築士

2018年10月に設計事務所「 Samurai-architect(サムライ-アーキテクト)」を開設

退職〜開業までの記録を綴った「起業の記録シリーズ」 を公開中。

「まるたかのブログ」にて実務以外の情報を発信中。

 

ブログ記事の更新はsamurai architectの「 Facebookページ」にてお知らせしていますのでフォローをお願いします。

 

計画時のポイントシリーズ

「意  匠」へ戻る     「構  造」へ戻る 

「電気設備」へ戻る     「機械設備」へ戻る